« February 2013 | Main | April 2013 »

『社長は少しバカがいい』で学ぶ"日本風沈黙"のエール

 今日の「発想源」メルマガで知って、
 思わず本屋で購入してしまった1冊。

 社長という職業への20のメッセージは、部下にも、
 フリーで仕事をする人にも役に立つものばかりです。

 そして、最後に書かれていた章に魅かれました。
 このテレビCMに、こういう裏の顔があったとは…と。

 chick chick chick chick

 東日本大震災から1ヶ月という2年前の4月。まだ、
 テレビCMはAC(公共広告機構)ばかり流している中、
 エステーのCM「消臭力」は、早々と復活しました。

 でも、そのCMはこれまでの笑いを誘ったCMではなく、
 ポルトガルの少年・ミゲル君がリスボンの街をバックに
 「しょ~しゅう~りき~♪」と唄うだけ。極めてシンプル。 

 ところがこのリスボンも250年前の1755年、
 大地震に伴う津波に襲われ大惨事を被った町で、
 市民の1/3を失った悲劇を歴史に残しています。

 それでも、リスボンはちゃんと復興を遂げたのです。

 ミゲル君が歌う「消臭力」のCMには、
 リスボンから地震で亡くなった方々へ送る鎮魂と、
 日本人みんなへのエールが込められていたのです。
     
 あの時は意識していなかったし、このCMが震災直後から
 始まったものということも忘れていたけど、そんな裏話を聞くと
 やっぱり日本の「沈黙」のエールは素晴らしいものがある、
 そう、感じざるを得ないエピソードでした。

 chick chick chick chick

 エステー社長による1冊
 社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則


 参考になったメルマガは、弘中勝さんの「ビジネス発想源」
 http://www.mag2.com/m/0000134134.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東日本大震災・被災地からの手紙 ~2年後の風景~

あの日から2年―。
南三陸・気仙沼・陸前高田 2年後の風景を一部切り取りました。

Dscf0276

震災1年後くらいから、応援で被災地を訪れていた人も、
2年が経つと徐々に減少してきたと聞きました。

Dscf0128

風化させたくないけれど、報道量は現実として減っていて、
それに紐づくように、非被災地の方々の意識も薄れている懸念はあります。

Dscf9489

一方、現地・被災地の方は、

「そっとしておいてほしい」

という思いと、

「伝え続けて欲しい」

というジレンマに揺れていると思います。

Dscf0101

「いつまで報道を継続できるのか」

伝える側も、そんなジレンマの中、

今後どうするかを思案しているのが現実です。

Dscf9976

一番いいのは、報道しなくても、

世間の人が常に被災地に思いを寄せていただくこと。

Dscf0013

もっといいのは、

一日も早く、被災地が震災前のように復興すること。

Dscf0082

でも、それは難しいのが現実。

なので、機会があれば、節目でなくても現地へ足を運んで、

Dscf0309

現状を伝えていく努力をすることが、

Dscf0308

せめて、私にできることなのではないかと考えています。

Dscf03752

一日も早い復興をお祈りいたします。

Dscf0358

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »