« 「大群馬(グンマー)展」~東京のど真ん中・渋谷ヒカリエで開催! | Main | 2020年五輪 開催都市は東京に!これからの“7年間”と、更なる未来へ »

2020年オリンピック・パラリンピック開催地決定を前に、徒然と…(2013年9月6日)

2008年に、北京で世界中の歓声とホスト国の活気と国家の気迫を感じ、
2009年に、デンマークで苦汁をなめた招致の人達の話に悔しさを感じた…

リベンジをかけた今回の、
「今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ」
というキャッチコピーに、かなり共鳴を受けた次第です。

震災以降、どうも反発をいただくことが多いスポーツの話題。
それでも私は曲げません。
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催には賛成です
震災後の今、本当にやってみる価値はあると思いますよ。

私が何を言おうと、何が起きようとも、
ついに週末、2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が決まります。

震災後の日本を世界の人に見てもらう
震災直後、ある人から教えていただいた、パラリンピック選手の佐藤真海さん

実家のある気仙沼のために、震災後から色々頑張っていらっしゃいました。
その彼女が今回、五輪招致の最終プレゼンテーターとしてブエノスアイレスに。
「私にしかできないプレゼンをする」と今日のテレビでコメントしていました。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130823/oth13082320290008-n1.htm

今日、あちこちのメディアがクローズアップしたのは「福島の汚染水問題」。
それはそれで大事だし、7年後までも取り組んでいってもらいたい話ですが、
この期に及んで、そこを一斉に取り上げる必要もないでしょ。

こうした部分ばかりを報じて、
ただでさえネガティブになりやすい日本国民の士気をここで落とすよりも、
「五輪を通じて世界中の人達に見てもらい、震災復興にもつながって欲しい」
と前向きに頑張る人を応援したいと思います

baseball tennis soccer basketball sports baseball tennis soccer basketball sports

今回、候補地として立候補しているのは日本・東京の他に、
トルコのイスタンブールとスペインのマドリード

トルコは政情不安、スペインは経済不安を抱え、日本は放射能不安(2013年現在)。
おそらく、ブエノスアイレスでは3カ国とも厳しい質問を受けていることでしょう。

どこも、
「それを乗り越えて、7年後に奮起する。だから、我が地で開催したい」
そんな意を決して、立候補しているのだと思います。
そういう意味で評価は五分だと私は思います。
勝つとしたら「開催へ向けた国家や国民の意志の強さ」ではないでしょうか。
私が投票する人間だったら、そこを評価基準に入れると思います。

冷静に「18年の冬季が韓国で、20年もアジアというのはありえない」
と見る人もいますが、欧州は既に夏冬並んで開催した経験もあるし、
欧州中心の五輪の利権と注目を、少しでもアジアに持ってくることができるか、
日本はそんな意味で、世界から試されている気もします。

baseball tennis soccer basketball sports baseball tennis soccer basketball sports

2009年、2016年の五輪がリオデジャネイロに決まった瞬間。
どことなく感じた虚無感…今度は味わいたくないけど、
冷静に行方を見守るしかないですね。

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/10/post-980c.html

ブラジルは今、リアル安にインフラ問題、物価高などで
暴動が起きているという報道もあるけれど(2013年夏現在)
2014年のワールドカップ・2016年の五輪、会場の建設や
ホスト国としてのインフラ・治安問題などは…?
こちらも、冷静に行方を見守るしかないですね。

|

« 「大群馬(グンマー)展」~東京のど真ん中・渋谷ヒカリエで開催! | Main | 2020年五輪 開催都市は東京に!これからの“7年間”と、更なる未来へ »

北京五輪・パラリンピック」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/58137484

Listed below are links to weblogs that reference 2020年オリンピック・パラリンピック開催地決定を前に、徒然と…(2013年9月6日):

« 「大群馬(グンマー)展」~東京のど真ん中・渋谷ヒカリエで開催! | Main | 2020年五輪 開催都市は東京に!これからの“7年間”と、更なる未来へ »