« September 2013 | Main | November 2013 »

日本に生まれてきただけで…(“プラ子ちゃん”について、続き)

昨日の続き―

日本人って、本当に難しいな、と思うことがよくある。
私も含め、海外の国々と接した時に、
「私はたまたま、日本に生まれ育ったから」という言葉を使う人が多い。
正直、この国に生まれ、この国の国籍を持っているだけで、
色んな意味で「得している」ことって多いのは、事実だと思う。

日本に住んでいる以上、よほどのことがなければ、
毎日、苦しむこともないし、若くして死と直面するような劣悪な環境に
さらされることもない。産まれてくる子供は普通に育てられるし、
強盗、殺人、エイズと隣り合わせになることも、まずはない。

で、それが当たり前だと思って生きている。逆に、
最高のサービスを受けられる国だけに、ちょっとした
不手際で、不満や文句が飛んでくるくらいの国になっている。

昨日のパーティーに参加して、
モザンビークで日本人一人で活動するプラ子ちゃんのことを考え、
ブログを読み、本を読む。

彼女がいるモザンビークは、私にとって未知の国で、
そんな未知の国に横たわっている光景、想像できるだろうか?
と、自問自答する。

そこには、命の危険にさらされながら暮らす子供がいて、
強盗やレイプを平気でする人がウヨウヨいる村の女性が住む家には、
ドアをつけることもできない。

黒魔術などの土着した宗教が法律や人権概念を上回っている。
それが人を傷つけても善とみなされる社会を作っているなんて、
この宗教すら知らない日本人は、絶句するしかない。

パキスタンのイスラムの少女が、
学校に行く権利を訴えただけで、頭を銃で撃たれた話は
日本でも有名だけど、アフリカでも同じようだ。

そこで、そんな固定概念を変え、女性や子供に教育と、
ドアのつけられる家を提供しようと頑張るプラ子ちゃんの
努力はいくばくなものだろう。

だから、少しでも恵まれた所で、それが当たり前だと思って
生きてきた日本人の私としては、そのことへの感謝と、
同時に罪悪感も禁じ得ず、無関心ではいられないと思いました。

こういう書き込みであれ、
ちょっとでも、プラ子ちゃんのことを知った人は、
一度ブログを読んで、 http://purako.jugem.jp/

この本を手にとって、

なんにもないけどやってみた――
 プラ子のアフリカボランティア日記 (岩波ジュニア新書)


想像して頂けると幸いです。

Plako Plakochan

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『プラ子ちゃんのチャリティパーティー』に参加して・・・

『モザンビークで活動するプラ子ちゃんのためのチャリティパーティー』
に、参加しました。

アフリカのモザンビーク、しかも首都からかなり遠い村で、
学校に行けない子供や母親含む女性の自立支援活動をする
NPOを立ち上げた元渋谷109のガングロギャル・プラ子ちゃん
応援する「ファンドレイジング(寄付・募金)パーティー」です。
主役のプラ子ちゃんはモザンビークにいるため、手紙での参加でした。

パーティーの経緯は、発起人のよーこさんのブログで。
こういう考えの方、本当に素適です。
http://blog.sakanoue.com/archives/51808491.html

プラ子ちゃんへの募金や応援を目的に参加した人が多いので、
集まった100人近い人の中には、1人だけで参加した人もいっぱい。
それを「1人にはさせないよ!」と、司会のよーこさんが宣言、
私も、少なくとも5人以上の初対面の方と話をしたと思います。

さて今回のパーティー、普通に参加費払ってそれを募金に充てて…
というだけでない、サプライズたっぷりのものでした。

それは、ゲスト。

Dscf1861

まずは「活弁」(活動弁士:サイレント映画のアテレコ士)の
坂本頼光(らいこう、本名よりみつ)さん

日本に8人しかいないという貴重なお方によるお披露目。
表現できませんが大爆笑でした。

そして、歌手・Ray Yamada(山田玲)さんの素適なライブ。

このお二人だけでも、かなりお得な気分だったのですが、
最後にスペシャルゲストが登場。
それはなんと、メンタリストのDaiGoさん

メンタリスト、ってどういう事をする方なのかな?
と、これまでもテレビで見ていて不思議に思っていたのですが、
昨日の数分で、それとなく理解がすすみました。

人のメンタル・心を、どこまでも上手に誘導し、
それをミスターマリックのごとく、「見えます」というんです

(フォークも曲げていました…)

そうは言っても、私は自他共に認める「あまのじゃく」
そう簡単に見透かされるものか!と、挑戦しました。

お題は、
「ここに6色のマジックがあります。好きな色を一つ選んでください。
 目を隠しても、当ててみせましょう」
というもの。

簡単にあてられるものか、と思いながら、
先に、二言・三言言葉を交わしてから、1色のペンを選びました。
DaiGoさん、その時に目を隠しています。
なのに、私が選んだペンの色を、
「うーん・・・」とか言いながら当てちゃったんです

く、悔しい!!おそらく、あまのじゃくな私の言動を読んで、
「あ、この子はあまのじゃくだな、じゃ、こう考えるな…
 なら、こう言えばいいか」
てな感じで誘導したのでしょう。

結局、4人挑戦して、全員当てられてしまいました。

あまりに悔しかったので、
「次回こそ当たらないようにします!」と言ったら、
「やればやるほど分かり易くなります」と軽く返されました。
あ、これ、またも誘導されているのか…と、焦りました(;^_^A

DaiGoさん、勉強になりました。

Dscf1879
司会のよーこさんと。
あえてあまり写りよくないのを選んでいます…ご容赦を。

何はともあれ、楽しく寄付して、楽しく過ごせるパーティーでした。
こうしたイベントを通じてみなさんとも繋がれて、
地球の反対側で頑張るプラ子ちゃんともささやかながら繋がれると思うと、
本当に「人って面白いなあ」という思いがひしひし。

そして今日、プラ子ちゃんのブログを読むと、
すでに昨日のパーティーのことが書かれていて、これまた
ネットが地球の距離を縮めていることも実感するのでした。

プラ子ちゃんのブログ プラ子旅する――まだアフリカです。


なんにもないけどやってみた――
 プラ子のアフリカボランティア日記 (岩波ジュニア新書)


いつか、モザンビークまで応援に行きたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »