« 中国の社会派作家・閻連科さん―“日中関係いまむかし” | Main | 新田義貞は何故歴史に名高いのか?~新田神社で初詣~ »

馬上有銭(马上有钱)~すぐにお金が入る、らしい…(中国のウマ年雑談)

2013年もあと2日。

来年の干支は馬(午年)

中国では、馬の置物の上にお札を乗せた画像
アップするのが流行っています。

Teiban_2 Kouma

中国語の「馬上(ma shang)」
「すぐに」
という意味になるため、
(例:「馬上就到了(まもなく到着します)」など)
馬の上にお金を乗せると、
「馬上有銭」と言うことで、
「すぐにお金が入る」という意味になるのです。

こうした中国のごろ合わせ的な縁起担ぎは、
毎年毎年、その干支と絡めて作られます。

犬(戌年)の時は「戌年“旺旺(wangwang)”」
「ワンワン!」という犬の鳴き声と、
「広がる」をかけて、幸せが広がる挨拶として使われました。

牛(丑年)の時は「Happy 牛(niu)Year!」
牛と「New」をかけたのですね。

中国の言葉遊び、なんとなく楽しくなりますね。
では、私もさっそく、馬にお金を乗せてみよう!

と、いいつつ、
馬の置物がなかったので、有り合わせの
馬のぬいぐるみで間に合わせてみました。

Gunma

…ごめんねぐんまちゃん

背中の大きな、
普通の馬のぬいぐるみを買うことにします。

みなさま、よいお年を~♪

|

« 中国の社会派作家・閻連科さん―“日中関係いまむかし” | Main | 新田義貞は何故歴史に名高いのか?~新田神社で初詣~ »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

catface
いい話ですね~~!!!!
面白いと思います。

Posted by: イェンピン | January 24, 2014 at 05:46 PM

ありがとうございます!!

Posted by: emmy | January 25, 2014 at 12:26 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/58849125

Listed below are links to weblogs that reference 馬上有銭(马上有钱)~すぐにお金が入る、らしい…(中国のウマ年雑談):

« 中国の社会派作家・閻連科さん―“日中関係いまむかし” | Main | 新田義貞は何故歴史に名高いのか?~新田神社で初詣~ »