« モザンビークの“プラ子ちゃん”を総理大臣が紹介!! | Main | ソチパラリンピック取材チームのパラフォトを応援! »

『東京ビデオフェスティバル2014』の表彰式へin蒲田

2014年1月18日。

「かぐや姫」の高畑勲監督、巨匠・大林宣彦監督
と映像界の有名人が審査委員として名を連ねる、
市民メディアのコンテスト
東京ビデオフェスティバル2014に行ってきました。

3年前に優秀作品賞を受賞してから、
表彰式には足を運んでいるのですが、
今年は中国語の学校の後に駆け付けたので、
既に公開審査のまっただ中でした。

011804

公開審査、の風景です。

審査委員の皆さん、応募者&来場者の前で
賞の選考をするのですが、本人達の前にも関わらず、
真剣な語り合いの場になってしまってました。

その中で最終的に“これを大賞作品にしましょう”とまとまるけど、
そのライブ感がまた透明性たっぷりで、楽しかったです。

今年、応募された作品は国内外から172作品。
うち、10作品が優秀賞に、そして20作品が佳作に選ばれ、
この中から大賞、サポーター賞、筑紫哲也賞が選ばれます。

そして、審査筒抜けの中で決まった(笑)ビデオ大賞は、
埼玉県の高校生による作品でした。

0118099

高畑監督から副賞の盾を受け取っています。

余談ですが、高校生も大人も、映像に携わる人は、
このコンクールに参加する意義があると思います。
老若男女の市民が、それぞれの観点で作品を作り、
同じ土俵で競いつつ、その演出や映像など細かく、
大林監督など映像界の巨匠に指摘して頂けるのです。

私も、3年前に受賞した作品については、
大林監督から直にお話をいただいた上、その後、
監督の作品で映像が使用される、有り難い経験もしました。

市民が、利益を求めずに「これ、伝えたい!」という
一途な思いでつくる作品
には、ある意味、
仕事で映像に携わる人と違う味わいがあります。
かつ、それが結果として、
「これ、マスメディアに出してもいいのでは!?」
と思うものもたくさんあります。

今日は改めて、“一途に”
伝えたいものを伝える一市民のみなさんの
行動力とモチベーションに、刺激をいただきました。

【東京ビデオフェスティバル2014サイト】
http://tvf2010.org/top2014.html

【大賞作品(他の作品も右にリンク)】

http://www.youtube.com/watch?v=W4Vq-Dab3tE&feature=youtu.be

『きっと世界は素晴らしい』
女子高生は直感で一人の男子高校生の言動が気になっている。
彼には充実感がないのだろ­うか、放課後、屋上でうっぷんを
晴らすかのように絶叫を始める。
彼女も気付いて駆け上­がり絶叫を始め、二人に安堵感が漂う。
枠にとらわれないドキュメンタリーのような自然­体の演出と
クローズアップが新鮮。

|

« モザンビークの“プラ子ちゃん”を総理大臣が紹介!! | Main | ソチパラリンピック取材チームのパラフォトを応援! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/58969007

Listed below are links to weblogs that reference 『東京ビデオフェスティバル2014』の表彰式へin蒲田:

« モザンビークの“プラ子ちゃん”を総理大臣が紹介!! | Main | ソチパラリンピック取材チームのパラフォトを応援! »