« 『テレビに映る中国の97%は嘘である』取材を通した中国の深層が面白い! | Main | 台湾『退回服貿』運動と「自由」と「平和」と… »

"飛んだり跳ねたり"の欽ちゃんが引退!?舞台観賞で大爆笑

0309022

明治座で、欽ちゃんこと萩本欽一さんの舞台、
『欽ちゃん奮闘公演 THE LAST ほめんな ほれんな とめんな』
を鑑賞してきました。多忙な中でしたが、
「この日は絶対休みにするぞ!」と誓った甲斐あって?
無事、見に行くことができました。

というのも、欽ちゃんは今回で舞台を引退すると発表していたのです。
子供の頃から大好きだった欽ちゃんですが、気が付くと御年72歳。
「やめたいのではなく、やれないの」と明かしていました。

舞台は全シーンぶっ続けで笑わせ、最後だけほろっとくる最高傑作。
主役の田中美佐子さん&的場浩司さんに加え、風見しんごさん、
はしのえみさん、山口良一さん、西山浩司さん、小倉久寛さんなど、
往年の"欽ちゃんファミリー"が揃う豪華キャスターでした。

フィギュアスケートの規定(ジャンプ●回、ステップ、スピン、など)
のように、欽ちゃんの舞台は「お決まり」がある気がします。
欽は「なんでそーなるの!?」とジャンプを1舞台に必ず1回、
しんごさんは「僕、笑っちゃいます~」を言う、など…
もちろん、その瞬間に「お決まり」で沸く観客の層…すごいです。

そして、最後に欽ちゃんがカーテンコール。
今回の舞台で引退する思いを語りました。

「飛んだり跳ねたりしてるのが欽ちゃんというイメージがある、
けど今はもう動けない、でもあくまでも飛んだり跳ねたりしている
欽ちゃんのイメージのまま終わらせたい、だから終わりにします」

その話を聞いた瞬間、
25年前に大好きだったテレビ番組『欽きらリン530!!』で、
当時10代~20代だったCHA-CHAやパワーズと一緒に、
スタジオを飛んだり跳ねたりしていた欽ちゃんの姿が脳裏に浮かび、
(聞くと、田中美佐子さんがお笑いを始めたのもこの番組からとか)
長い月日が流れてしまったことに、ちょっとほろりとさせられました。

…と思った瞬間、ちょっとだけ欽ちゃん走りをやってくれて、
思わず手を叩いてしまいましたが(笑)。

ちなみに、他の出演者達の舞台挨拶では、
「毎日"変更届け"が来る。来ないと思ったら、口頭で言われた」
「本番で違うアドリブが飛んできた」など、驚愕の話がボンボン…
そうでなくても、舞台は毎回アドリブが入り少しずつ違うので、
もう一回、見に行きたい…かも、しれない。うう。悩むな~。

・・・

0311081

と、思っていたので、
後日、もう一度観に行ってしまいました。

0311091

1回目は「1階席5列目真ん中」というすごい席だったのですが、
今回は敢えて「3階席1列目右側」。同じ舞台でも、印象が違います。
出演者は遠かったけど、舞台の奥行きが深いこと、
その奥行きも利用していたこと、舞台セットのからくり?が
ちょっとだけ見えたりして、それはそれで面白かったです。

「舞台初めて」というプロレスラーの佐々木健介さんが、
いきなり欽ちゃんにアドリブを投げられ、返事に窮して、
何度もダメだしされ、リアルな「お笑い」になっていたような、
1回目と違うシーンも随所ありました。

そしてまた、舞台あいさつ…

「佐々木君とぶつかり合うシーン、本当なら2回やりたかったけど
出来なくて、さっさと引っ込んじゃったんだよね」とまたも
70代の現実を明かす欽ちゃん。やはりほろっと寂しくさせました。

…と思った瞬間、またも欽ちゃん走りをやってくれて、
思わず手を叩いてしまいましたが(笑)。

欽ちゃん、ちょっとでも飛んだり跳ねたりできるうちは、
「やめないで~!」というセリフを私も叫ばせて頂きます。

舞台は30日で千秋楽。
頑張れ欽ちゃん!頑張れ出演者の皆さん!

2

お土産は「欽ちゃん饅頭」
こしあんで甘さ控えめ、お茶やコーヒーに合います。
賞味期限があるのが勿体ない程の可愛いパッケージです。

|

« 『テレビに映る中国の97%は嘘である』取材を通した中国の深層が面白い! | Main | 台湾『退回服貿』運動と「自由」と「平和」と… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/59266248

Listed below are links to weblogs that reference "飛んだり跳ねたり"の欽ちゃんが引退!?舞台観賞で大爆笑:

« 『テレビに映る中国の97%は嘘である』取材を通した中国の深層が面白い! | Main | 台湾『退回服貿』運動と「自由」と「平和」と… »