« 日本で「翠玉白菜」を見た!~台北国立故宮博物院展観覧~ | Main | 「星期日漢語角」7周年!-日中話し合いの場、続いた350回 »

映画『革命の子どもたち』&重信メイさんのトークショー観賞

0706266

7月5日から公開が始まった映画『革命の子どもたち』。
元日本赤軍の最高幹部・重信房子と、元ドイツ赤軍のウルリケマインホフ
2人の女性の娘である重信メイさんベティーナ・ロールさんへの
インタビューを軸にして、周囲の人の証言や当時の映像と共に、
「なぜ、世界で赤軍は誕生したのか」を振り返るドキュメンタリーです。

私は赤軍の時代を知らないので、映画を見て改めて勉強すると同時に、
時折日本で報道される「極悪の重信房子」というイメージとは違う
「子供を大事に思っていた母親」という側面も伺い知ることができました。

slate slate slate slate slate slate slate slate slate slate

この映画を制作した意図について監督のシェーン・オサリバン氏は、
「あれから40年以上が経つのに、世界から暴力も戦争もなくならない」
そして、
「その頃は戦争への反対を訴える声や、世の中を変えたいという行為が
若者たちの間から実際に抗議行動として湧きあがった。しかしいまは、
そういう動きが若者から起こらなくなっている。映画を通じて、
当時の若者がなぜ抗議の行動を起こしたのかを、感じてほしい」
と仰っていたそうです。

確かに、40年経った今も中東では宗教や政治などをめぐって戦闘が続き、
アフリカでも、中国でも勃発、暴力はむしろ40年前よりも広がっています。

これを止めるべく、40年前に動きを起こした日本。結果として彼女たちも
暴力に走ってしまった所はありますが、せめてその後の日本で
生まれ育った者として、映画を見る時間くらいは作らなければと思ったのです。

slate slate slate slate slate slate slate slate slate slate

Hi3g0254

私が観に行った7月6日。この日は上映後、映画に出演された重信メイさんと
ジャーナリストの津田大介
さんがトークショーを行いました。

私と同年代か、それより若い人が多く来ていたのが印象的でした。
40年前を知らない人には“お勉強”と“社会への関心のきっかけ”に、
知る人は“意外な一面”の発見と少しの“懐かしさ”を味わえるとか・・・
世代を超えて見る価値ある映画だと改めて感じました。

最初に印象に残ったのは、母親とのこと。
映画の中で、もう一人の主人公・ベティーナさんは母である
ウルリケについて怒りをもって「テロリストになった母」と振り返るのに対し、
メイさんは母との愛を込め、尊敬していると発言します。

メイさんは、壇上でも、
「私は、母親というものは愛情を注いで当たり前だと思っていた」
と語り、かつ混乱の中東に生まれ育った当時を振り返るにつれ、
「あの時、助けてくれた人がいたから、今の私がいる」
「あの環境で育ったからこそ、知ることができたものが大きい」と、
中東で様々な人に囲まれていたことを、感謝の気持ちで語りました。

人間の命、生きることの意味、などを実体験として受けて来た人は、
やはり語ることも奥深いものがあると感じました。

一方、レバノンでベイルート・アメリカン大学を卒業し、
日本語・英語・アラビア語に堪能な彼女は日本国籍取得後、
頻繁に訪れ仕事もするようになった日本の社会について、
「日本は世界のことをあまり伝えないし、国民も関心を持たない」
と鋭い指摘、語学の壁もニュースの少なさも国際社会から見ると
やはり特殊な国であると痛烈なコメントも。

仰るとおりで、いまNHKでさえ国際問題を扱うニュース番組は
ほとんどがBS1チャンネルに集められ、多くの人に知られていない現状。
「日本は国内の話題ばかり!」という印象を持っているのでは…。

かつ、国際問題にしても、中国や韓国、アメリカなどはよく見るけど、
中東やアフリカについては、関心度が低いのではないかと思います。

そうした中、メイさんのように、中東で“いまも”何が起きているかを語り、
海外の目線で日本について語ってくれる人は大事なのだと感じました。

映画は公開当初は都内の数か所のみですが、
今後、全国でも順次公開していくそうです。

日本中の人が、映画から40年前の日本に思いをはせ、

「あの頃はひどい時代だったね」

ではなく、

「あの頃、なぜこういうことが起きたんだろう」

と、考えるきっかけにして、

「今の世界はどうなんだろう」

と、日本を含む世界の社会状況に目を向けてもらえると嬉しいかもしれません。

slate slate slate slate slate slate slate slate slate slate

映画『革命の子どもたち』 
【サイト】 http://www.u-picc.com/kakumeinokodomo/
【出 演】 重信房子 重信メイ ウルリケ・マインホフ ベティ―ナ・ロール 
      足立正生 塩見孝也 大谷恭子 他
【劇 場】 7月5日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開。

【予告映像】

|

« 日本で「翠玉白菜」を見た!~台北国立故宮博物院展観覧~ | Main | 「星期日漢語角」7周年!-日中話し合いの場、続いた350回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

そういう人が無理して「一般的な会社員」になっても、肉体的精神的な苦痛で鬱になってしまう可能性もあるので、別の生き方を目指した方が幸せなんじゃないかなと。 無職で行けんかったので、1万送った セックスに飽き、互いに空気のような存在になっても多くが離婚しないのは、その頃には子供ができているから、に過ぎない。 今ネットで話題の手紙男ってどうよ! トキメキを感じるような運命の出逢いを探しています☆ ネットウォッチにでもスレたててやってよ 報告した時に1万くれて、その後、結婚式に祝儀持たずに出てくれた夫婦がいたぞ 潔白な人はそんなコメントする発想すらないと思うね。

Posted by: ニュース | August 15, 2014 at 11:13 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/59977196

Listed below are links to weblogs that reference 映画『革命の子どもたち』&重信メイさんのトークショー観賞:

« 日本で「翠玉白菜」を見た!~台北国立故宮博物院展観覧~ | Main | 「星期日漢語角」7周年!-日中話し合いの場、続いた350回 »