« September 2014 | Main | January 2015 »

吾妻峡は沈むのか?!~八ッ場ダムで“最後の”紅葉を堪能

110918

2014年11月9日。
曇り時々雨、という天気でしたが、
18日で道路が永久に通行止め&水没するというので、
八ッ場ダムに沈む国道145号線に沿ってドライブなど。

『群馬県のホームページ』
http://www.pref.gunma.jp/06/h2800043.html

東吾妻町側から、段々と八ッ場ダムに沈んで
ダム湖になる方面へ向かっていきます。
まず最初は、東吾妻町の道の駅からスタート。

110905

上毛カルタの「や」の札。
『や:耶馬渓しのぐ吾妻峡』

Image_2

たぶん、札の景色もこの辺りかと、、
紅葉で、まさに絶景でした。

110900

こちらの計画地図によると、
いわゆる「吾妻渓谷」はダムの対象外らしいので、
「や」の札は辛うじて残りそうですが、
良く見ると思いきりダムの放水範囲にあたるため、
水量変化による影響は少なからず受けることでしょう。

結果として、
『や:八ッ場に沈む吾妻峡』
にならなければいいのですが。

110909

18日で封鎖される国道145号線に沿って、車は長野原町へ。

110908

紅葉が綺麗ですが…工事現場に変わりつつあります。

110903

長野原町に入った町境付近。
この辺りは、ちょうどダムになるようです。

1109142

この看板も・・・そしてこの温泉街も水の底です。

110915

9月下旬に廃駅となった『川原湯温泉』駅。ここも沈みます。
看板はすべてはずされ、バス停の表示だけが、
そこが「川原湯温泉駅だったよ」と語っています。

110916

駅の上には、既に新しい道路が出来ています。
駅舎も、ホームも、看板?も、いつかは水の底です。

110919

そして、車は800年の歴史ある川原湯温泉の
温泉街をくねくねと抜けて、新しい道路と駅を通り、

1109132

大橋脇にある『道の駅・八ッ場ふるさと館』へ。
紅葉シーズン&日曜日ということもあり、
多くの人で賑わっていました。

110901

館内には、昭和22年から始まったダム建設を巡る、
地元の人たちと政府(町・県・都・国)の戦いの歴史年表が。

110913

しかし年表は、建設が決定した2006年(平成18年)で終了しています。
このあと民主党が2009年に政権を握って、
公約どおり工事中止を決定するのですが、
年表にはその記載がいっさいなし。
政権交代は「時既に遅し」だったと暗に語っているようです。

maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple 

政治については詳しくないし、この選挙区の人間でもないし、
ダム建設の急先鋒?だった東京都知事とも無縁なので
何も言うことはできない私ですが、現地の人にとっても
この話はかなり限定的だったとか。

この街ではない、ちょっと離れた選挙区内の住民によると、
まさに長い間、戦い続けてきたのは、水に沈む対象となる
八ッ場地域の川原湯温泉周辺(川原湯・川原畑・林)に留まり、
長野原町内でさえ別の地域の人たちは「よそ者」という、
かなり限定的な範囲に留まっていたそうです。

「地元は賛成と反対で真っ二つになって長らく反目しあい、
反対派の地元民は最終決定と共によそに引っ越してしまいました」。

「自分の家と隣の家が賛成派と反対派に分かれたり、
親子で賛成派と反対派に分かれたりして…」。

「地元民の人は語り尽くしただろうし、
よそ者(長野原町内でも)は触れたがらなかったりします。
様々な葛藤もあったであろうデリケートな問題だから」。

こういうところに、地方の人的な構造問題もありそうです。
現地では苦しい光景を嫌というほど見せられ今に至るのに、
ちょっと離れただけでも、それはまったく他人事だったという…。

まして私たちもっと遠く離れた「よそ者」は、
それこそ民主党が建設中止を訴えた時に初めて知った、
という人も少なくないのではないでしょうか。若い世代は特に。

1947年(昭和22年)、台風による大被害をきっかけに、
治水も目的としてダム建設の構想が始まってから70年近く。
地元住民たちの暮らしや絆を砕いてまでも、
作る決定をした人々は、この未来図をどう描いていたのかな…。

1109122

できれば、この美しい風景は残してもらいたかった。

110910_2

これも、「よそ者のエゴ」なのでしょうか。

110911

ちなみに写真は、沈んでしまう集落を上から見た風景。
来年からは、下からの紅葉を楽しむことは出来ず、
上から観る風景も工事が進んで変わっていき、
ここの家々も、温泉街も、田畑も動物も水の底になります。

それでも、この場所を楽しみ、人々の暮らしに負担を与えず
知恵を絞りながら、前向きになるしかないのかな…

と、しみじみ思った晩秋の群馬でした。
でも本当に、ダムって現地の人々にリスクを負わせてまで
本当に、今の時代に必要なものなのか?何のために?
これから計画されるダムがあったら、
もっと慎重に考えた方がいいかもしれませんね。

110907

110920

110914

maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple

少なくとも、『八ッ場ふるさと館』がこの記憶を残し続け、
ここを多くの人が訪れてにぎわうことで、
群馬で起きたこの歴史を知って貰えればと思うばかりです。

『道の駅・八ッ場ふるさと館』     
〒377-1309 群馬県吾妻郡長野原町大字林1567― 4
http://yambamichinoeki.com/?page_id=2

ダムと言えば、東京の奥多摩にも同じ歴史を持つ
「小河内(おごうち)村」がありました。
着工が始まったのは正に戦前でした。

奥多摩湖の紅葉と、ダムに沈んだ小河内村(2011年11月19日)
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2011/11/post-07ea.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『第27回東京国際映画祭』、一言感想まとめて10本!?

32

10月23日~31日まで開催された『第27回東京国際映画祭』

今年は「クロスカット・アジア」というアジアのある1カ国に
スポットを当てたコーナーが新設されるなど、ますます
「アジアの映画祭」という立ち位置を重視している印象ですが、
世界中、特に新興国や発展国からの映画に注目でした。

備忘録、も込めて、今回観賞した映画の感想をまとめておきます。
評価ランクはつけにくいので、あくまで感想を…。

movie slate movie slate movie slate movie slate movie slate movie slate 


102604
『草原の実験』(ロシア・カザフスタン舞台)
一切のセリフがない、映像だけで展開するストーリー。
地平線広がる光景に訪れる、シュールで衝撃的なラスト。
これを上回る、現実世界に訴える力を持った演出はないと思う。
ベテラン映画ライターさんも言っていたけど「日本の映画は喋り過ぎ」と実感。

『マイティ・エンジェル』(ポーランド)
これを観たら、明日からお酒をやめよう…と、実行に移すことはないが(おい)
かなりインパクトのある飲酒への警告映画、と思いきや
そこにポーランドの歴史や社会情勢も絡めているところが秀逸。
「ウォッカに目がない」それはやばい。60度はある。

102602
『遥かなる家』(中国)
甘州(甘粛省の位置)ウイグル王国の子孫である裕固(ユグル)族の
放牧家族の子どもたちが主役。人口1万4千人。宗教はチベット仏教。
言語はモンゴル由来。放牧を業とするのにそれが難しくなっている現状。
そして衝撃の展開。水のない、厳しい風景の中、一途に実家を求めて
旅をする兄弟の姿に感動。最近の中国映画は社会派が国際評価を得てます。

『実存を省みる枝の上の鳩』(スウェーデンなど)
表情のない出演者たちによって、様々なシーンが細切れにクルクル展開。
しかしその1つ1つが前後のシーンと噛み合っていて、そのどれもが
「生」と「死」をシュール過ぎるほどに描く。
しかもその中では「現代」と「過去」という縦軸も交差する。
バーで飲んでいる所に突然、スウェーデン=ロシア戦争へ赴く
将軍が出てきたり…ちょっと歴史の勉強になりました。

102805
『ツバメの喉が渇くとき』(トルコ)
トルコ北東部の山間村で起きたダム建設問題の実話を描いた映画。
ダムを建設するのは利権が絡む政府や中央、そして地元の権力者。
被害をこうむるのは、美しい風景だけでなく、暮らしもが奪われ、
自然災害を受けて住めなくなる現場の人々であることを再確認。
G県で、どうしても八ッ場ダムを作りたくてたまらない人達に観て欲しい。

『リアリティ』(フランス=ベルギー)
パズルを組み立てていくような作品。作品冒頭に出てくるイノシシの
お腹の中から出てきた「信じがたいもの」からストーリーが展開。
ただ、娯楽として楽しめる作品でした。
今回観た作品の中で唯一「映画=ひたすら娯楽」だった映画、かも。

『白夜と配達人』(ロシア)
個人的には、昔から行きたいと思っていたノバヤゼムリャ。
・・・のあるアルハンゲリスク州ケノゼロ湖に住む過疎村の物語。
たわいない日常を描く中、その中から、時代と共に以前の暮らしが
失われていく過疎の現実と残された高齢者たちの現実がう浮かぶ、
日本でも似たような問題があるかも…と思わされる作品。
少ししかちら見出来なかったけど、白夜の暮らしってああなんだ…。

そして、上述の「タイ映画」も3本。

102801
『先生の日記』
過疎地域の小学校に転勤となった若い男性教師が、
学校に残されていた前任女性教師の日記に励まされ、
子どもたちとの関係を築いていく展開。
そうした中にも過疎地域の学校事情など社会性も織り交ぜ、
若い監督らしい作品になっていました。

『コンクリートの雲』97年のアジア通貨危機の余波で自殺した父親の葬儀、相続など
手続きのためにNYから帰国してきた兄と、学校をやめて彼女の
家に入り浸る弟。お互いの恋人との関係を柱に、当時の時代背景や
経済状況などをさりげなく織り込んだ演出とストーリーに引き込まれた。

『メナムの残照(2013年版)』
タイでは知らない人がいない、と言われる作品の4回目の映画化。
タイに住む日本人は、たいていのタイ人から「小堀を知ってるか」
と聞かれるらしい。太平洋戦争時代、日本とタイの関係は実際
どうだったのだろう…?と、映画を観て更に気になった。
主題歌を歌ったタイ在住の日本人・浪川祐輔さんの歌声も奇麗。
日本人役の主役(養父が日本人らしい)が、もう少し日本語上手だったら…

movie slate movie slate movie slate 

ここまで、観た映画を個人的な感想で記載しましたが、上の中から
日本の映画館でも上映されそうな(してほしい)ものを挙げるならば、
『草原の実験』『遥かなる家』『ツバメの喉が渇く時』『先生の日記』
あたりでしょうか。(もちろん、他も良い作品ばかりですよ)。

さらに、ベテラン映画ライターさんに聞くと、
他にもお薦めの映画があったようです。それは…
『黄金時代(中国・香港)』 、『北北東(中国)』あらら、しっかり中国映画ですね。
個人的には、このほかに
『遺されたフィルム(カンボジア)』『遺灰の顔(イラク)』 も観たかったです。

どこかの日本の映画館で上映される機会がありましたら、
是非!お願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | January 2015 »