« 『老北京の胡同(フートン)』-胡同“愛”たっぷりの一冊! | Main | 映画『ルンタ』観賞~チベットの祈りを描く »

映画『唐山大地震』―中国の2つの大震災を繋ぐ

Middle_1302338617 1 

映画『唐山大地震』を観賞。
舞台は1976年、中国河北省・唐山市で起きた「唐山大地震」です。

当初は、2011年3月26日に日本公開の予定だったけど、
直前に起きた東日本大震災を受けて延期。
4年越しとなった3月14日に、少数の短観映画館で公開されました。

映画は1976年の唐山大地震から2008年の四川大地震までを繋いでいます。
唐山に暮らす4人家族の暮らしが一変した震災。
父は死に、双子の姉弟は瓦礫の下敷きに…。
どちらか1人しか助けられない、と迫られた母親が選んだのは「息子を助けて…」
しかし母と息子が去ってから、姉も救出され、
救援に来ていた人民解放軍の夫婦に育てられる。
そこから始まる、姉と弟、別々の32年の人生。

死者24万人、負傷者も合わせると40万人という甚大な震災だけに、
「なくもない」と思わせる家族の数奇な運命、復興していく唐山の風景、
受験戦争やステイタスなどに子供たちが翻弄されていく
80年、90年代の中国社会も上手に織り交ぜていく。
そしてしっかり涙も誘い、もうひとつの大震災で話を締める…。

テンポや話の流れ方すべて見ても、
「さすが、馮小剛監督!」と思わせる2時間15分でした。

           

Img_4011
空気は悪かったけど…(2010年3月)。

そんな唐山へ、私は2010年に行ったことがありますが、
綺麗に整備された中心部は、北京以上の繁栄を感じたほどでした。

町の人から、
「地震ですべて更地になったから、一気に計画立てて再建できたんです」 
と聞いて、「なるほど…」と思ったことを覚えています。

しかし、きょう観た映画のエンドロールに、ふと、唐山郊外にある
「曹妃甸」の文字を見た瞬間、今は影を潜めたけど、
「影子銀行(シャドーバンキング)」の影響を受けて
「ゴーストタウン」が、この地域にあると聞いたことを思い出し…

「中国は今も、変わり続けているんだな」と、再認識させられました。

東京では2館、今週からは1館に減ってしまったけど(2015年4月4日時点)、
お客さんもそこそこ入っていたし、もっとたくさんの映画館で
上映してくれてもいいのでは?と思わせる作品でした。

           

映画『唐山大地震』公式サイト
http://tozan-movie.com/

           

河北省唐山市探訪―日本語でくつろげるバー『Lee'sBar』へ行ってきた
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2010/03/post-cb25.html

|

« 『老北京の胡同(フートン)』-胡同“愛”たっぷりの一冊! | Main | 映画『ルンタ』観賞~チベットの祈りを描く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『唐山大地震』―中国の2つの大震災を繋ぐ:

« 『老北京の胡同(フートン)』-胡同“愛”たっぷりの一冊! | Main | 映画『ルンタ』観賞~チベットの祈りを描く »