« 夏・広島から~戦後70年の原爆ドームと世界遺産めぐりまとめ | Main | 映画で振り返る2015年 »

“積極的平和”を考える~「平和学の父」ヨハン・ガルトゥング博士来日

Garu

8月19日。平和学の第一人者で「平和学の父」と呼ばれる
ノルウェーのガルトゥング博士(84)が来日。
同じ80代の田原総一朗さんとの対談、面白かったです。

博士は平和を戦争のない状態と捉える「消極的平和」に加えて、
貧困・抑圧・差別など構造的暴力がない「積極的平和」
を提起。
今の政府が言う「積極的平和主義」とは全然違うと展開しました。

博士の、平和を構築するための提案は3つ。
1)東アジア共同体を作ること
2)攻撃ではなく「専守防衛」に徹すること
3)憲法9条を世界に広めること。

特に1)は興味深かったです。
内容は中国・台湾・北朝鮮・韓国・極東ロシアと日本で
「東アジア共同体」を設立するもの、中心都市は沖縄。
尖閣や竹島、北方領土は共同の領土とするとしたもの。
この話は先日、中国・南京でも発言して、
喝采・スタンティングオベーションを受けたといいます。

そこへ田原さんが反論。
「東アジア共同体は懐疑的、中国や北朝鮮などは体制が違う。
それを知った上で対話は大事だが、共同体までは難しい」。
(田原さんは対談を盛り上げるのが上手だな~としみじみ)。
博士は「市民レベルでは既に共同が成立している」
「“完全な悪”の国はない」と前向きに回答されていました。

博士は他にも、
「未来に前向きに、想像力をもって北朝鮮とも国交回復すれば、
 アメリカに気兼ねすることなく仲良くできる」
 →アメリカへの懸念は、何度も口にしていました。
「民主主義はどの国の中にもある、
 どれも同じ形をしている訳ではない」
 →時にアメリカのCEO方が民主主義じゃない、とも。

外交と対話で平和な世界を構築するよう、何度も訴えました。
その上で、日本の俗に言う「平和運動」について、
「『安保反対、戦争反対』と繰り返すばかりでは進展しない。
 クリエイティブな思考で平和を作る方法を考えるべき」
という指摘も…おっしゃるとおりです。

21日は横浜で学生たちとワークショップも行うイベントを。
その後、沖縄でも講演を行われるとか。
84歳の博士。
すごくお元気でしたが体をご自愛し日本を楽しんでください。

【主催・国際平和映画祭のサイト】
http://www.ufpff.com/archives/3215

【東京新聞では一面でした】
ガルトゥング博士が来日 60年代に「積極的平和」提唱

|

« 夏・広島から~戦後70年の原爆ドームと世界遺産めぐりまとめ | Main | 映画で振り返る2015年 »

世界関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夏・広島から~戦後70年の原爆ドームと世界遺産めぐりまとめ | Main | 映画で振り返る2015年 »