パラリンピック・メダル獲得選手への報奨金制度について

あと1カ月で、ソチパラリンピックが始まりますね。

舛添要一さんが東京都知事になって、
ひとつ思い出した過去の功績があります。

彼が厚生労働大臣だった08年の北京パラリンピックから初めて、
メダルを獲得した選手に報奨金が下りるようになったことです。

実は、かつてパラリンピックの選手は、
メダルを取っても報奨金が出ていませんでした。
経済的には、オリンピック選手よりも厳しい選手たちが、です。

それが、オリンピック選手の3分の1とはいえ、
報酬金が出るようになったのは、08年9月のこと。

北京パラリンピック後、銀座の数寄屋橋で、
「パラリンピックのメダリスト選手にも報奨金を!」
という呼びかけと募金活動が行われました。
http://www.paraphoto.org/beijing2008/report/article/?id=279

こうして始まったパラリンピック選手へのメダルの報奨金制度。
オリンピック選手に報奨金が出る日本オリンピック委員会(JOC)
とは違い、厚生労働省の管轄下にある日本障害者スポーツ協会
などが“寄付を募って”支給する方法で始まりました

http://gendai.net/articles/view/sports/138570

金額には違いがあるようですが、
オリンピック :金300万円、銀200万円、銅100万円
パラリンピック:金100万円、銀 70万円、銅 50万円

パラリンピックも、オリンピックほどのメダルを獲得するので、
数寄屋橋の街頭募金では足りないほどの額が必要になります。
皆さんの“善意”が、パラリンピック選手への報奨金になっているのです。

「厚生労働大臣」の名がパフォーマンスだけだったかはともかく、
彼の時に変わった一つのことと私は認識しています。
舛添さんには、この時のことを忘れずに、東京でも今のソチでも、
パラリンピックのことも忘れないで頂ければと思うばかりです。

先日の東京MXテレビでの中継では、池上さんの質問に対し、
「過去より先を見て東京をどうするかだ」と言っていたようですが…ね。
忘れない方がいい過去もあるものですよ。

ski snow ski snow ski snow ski snow ski snow

パラリンピックを取り巻く経済環境は厳しい状態が続いています。

選手も、取材する側も、みな生活費を切り盛りして活動しています。
ソチパラリンピックを取材するパラフォトへも、善意を頂けると嬉しいです。

応募はこちら→ http://shootingstar.jp/projects/75

↓以下、募金を呼び掛けた堀潤さんのメッセージです↓
国内外の障害者スポーツの大会を取材してきたカメラマンチームが
資金不足で存続の危機を迎えています。ソチへも必要数の半分、
3名のカメラマンしか現地に派遣できません。大々的にメディアで
取り上げられる機会が少ない分野を丁寧に取材してきた
彼らに皆さんの力を貸して下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソチパラリンピック取材チームのパラフォトを応援!

ここ1,2年の間に盛り上がって来た「新たな寄付」の形を紹介。
このスタイルは、日本の未来を変える可能性を存分に秘めています。

シューティングスターというサイトには、
画期的な活動や企画がいろいろ公開されています。
そして、その活動を「応援しよう!」と思った方は、
ネットで即時に寄付することができるのです。

東京都知事選でも、35歳の候補者がこのサイトを利用して、
選挙資金を募りましたが、目標額の1.5倍もの額が寄付されました。

そうした中、2月から始まったプロジェクトがあります。

それは、2月から始まるソチオリンピック…
の、1カ月後に開催されるソチパラリンピックを
取材するNPO団体・パラフォト
への活動支援を募るものです。

↓以下、募金を呼び掛けた堀潤さんのメッセージです↓
国内外の障害者スポーツの大会を取材してきたカメラマンチームが
資金不足で存続の危機を迎えています。ソチへも必要数の半分、
3名のカメラマンしか現地に派遣できません。大々的にメディアで
取り上げられる機会が少ない分野を丁寧に取材してきた
彼らに皆さんの力を貸して下さい。

応募はこちら→ http://shootingstar.jp/projects/75

ソチオリンピックに関してはメディア各社賑わう昨今ですが、
その1ヶ月後に開催するパラリンピックはほとんど取り上げません。
そんな中で、パラリンピックはじめ障がい者スポーツを主に取材し
伝えるメディアの存在は貴重だと思うのです。

私も北京パラリンピックの時、取材に参加したのですが、
オリンピックと違う感動がたくさんあり、楽しかったです。

当時のブログ:この日から、ほぼ毎日更新していました。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/09/post-be03.html

ここの「北京パラリンピック」にも、私の記事が掲載されています。
パラフォト http://www.paraphoto.org/
※2014年2月3日現在、リニューアル中ですが、
開けるようになったら是非ご覧いただけますと幸いです。

パラリンピックは、一度見たら「面白い!」ということがわかるのですが、
一度も見なければ本当にわからないもの。
その結果、「見る人が少ないものは報道できない」
・・というメディアの悪循環にはまってしまっていると思うのです。

そんな中、パラフォトは、2000年から根気強くパラリンピックを伝え、
草の根で見てくれる人を増やそうと頑張っている数少ないメディア。
彼らには、ぜひ、この活動を続けてほしいと願う一人です。

この記事を読んだ皆さんも、ちょっとサイトをクリックして、
彼らの活動をご一読頂けると、嬉しいです。

念のため、注意をひとつ…。

ネットでクリックする寄付は、簡単にできてしまいますが、
現実としてお金が出ていくものなので、寄付する時は
その活動の説明をよく読んで、理解を深めることをお勧めします。

ちなみに、
パラフォトは理解を深める価値のある団体さんです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2020年五輪 開催都市は東京に!これからの“7年間”と、更なる未来へ

地球の反対側・アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された
国際オリンピック委員会(IOC)総会。 IOCのロゲ会長が、
「2020年のオリンピック・パラリンピックを開催する都市は…」
と言って見せたそのカードに書かれていた文字は、

Photo
(東京の開催都市決定を示すIOCのロゲ会長7日ブエノスアイレス(ロイター)

「TOKYO!」

そう、ついに実現したのです!日本時間の9月8日午前5時過ぎ。
1964年以来56年ぶりの東京オリンピック・パラリンピック、
冬も合わせて4度目の、日本での開催が決まった瞬間でした

(NHKの動画ニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130908/k10014372361000.html

結果として「圧勝だった(ロゲ会長)」
投票は、1回目で 東京:42 イスタンブール:26 マドリード:26
ここで、“除外都市”を決める再投票が行われ、
イスタンブール:49 マドリード:45 でマドリードが落選。
最終投票で、東京:60 イスタンブール:36 で決定したのでした。

ここで中国の国営メディアはそろって、なんと1回目の投票を
イスタンブールとマドリードの除外決定投票を最終決戦と勘違いしたらしく、
「日本は落ちた、イスタンブールが勝った」と誤報するハプニング。

新華社・CCTV・それに吊られて誤報した地方紙の様子↓。

Xinhua

http://kinbricksnow.com/archives/51871138.html

確かに、あのアナウンスはややこしいけど、
よく聞いていたら、分かったはず…何をそんなに焦ったのか?

baseball tennis soccer basketball sports baseball tennis soccer basketball sports fuji

正直、今回の五輪招致は東京に有利だったと思います。

まず、対立候補が2都市のみ。

トルコのイスタンブールはイスラム圏初の開催と期待されたけど、
そのイスラム教徒たちによる対立が近隣諸国で激化し、
隣国シリアでは、群馬県の人口に匹敵する200万人が難民として
国境を超え、トルコへの影響もあるとの懸念が…。

スペインのマドリードは、欧州票を集めそうな気もしましたが、
その欧州は、92年に同じ国のバルセロナが開催したばかり。
それからも、2004年アテネ、2012年ロンドンで開催していて
2024年にはパリが立候補するとの話。
また、スペイン国内では失業率が30%近いなど厳しい経済状況で、
国内から「反オリンピックデモ」が起こるなど寸前になって、
市民の支持に陰りが出ていたことも理由の一つにあったようです。

日本のトーキョーも、福島第一原発事故による
放射性物質汚染問題がありました。
前日、当日と海外メディアや審査員の質問もそこに集中したけど、
翻せば、問題はそれくらいだ、ということの裏返しだったのかも…。

マドリードは3回目、イスタンブールに至っては5回目の候補、
数だけの執念ならば東京は負けていた…と思いますが、
再度、時代が味方をしてくれる時を待つということになります…。

baseball tennis soccer basketball sports baseball tennis soccer basketball sports fuji

選ばれたとはいえ、東京も課題はたくさんあります。
五輪との付き合いは「7年後」ではなく「7年間」です。
会場整備、世界中のお客さんのお出迎え準備、など、
五輪に関係することだけでなく、日本経済の立て直し、
災害対策、などの「基礎体力」づくりも必要でしょう。

そしてなにより、世界中の人が、
「日本へ行こう」「日本ってどういう国?」と考えると同時に、
再び被災地のことを脳裏に浮かべるでしょう

P1120736
(2008年8月8日。北京五輪開幕式の日のジャパンハウスin北京。
 異国で著名な方にたくさんお会いするというワクワク感一杯でした)。

私が北京で味わった2008年の北京五輪。
開催が決まった2001年、
反対の声を上げる中国国民は少なからずいました。
「まだ発展途上国で、しかも経済格差が広がっている時に、
五輪なんて国家の夢だ!そんなのにお金を使えるか!?」と。

東京五輪にいたっても、立候補した時から、
「被災地や原発の問題が解決していないのに、
五輪なんてやってる場合か!」という声も多く聞かれます。

でも、私は
「五輪開催が、復興や原発問題を推し進める力になる」
と考えます。

世界のメディアが日本の行く末を監視するようになり、
たとえ日本が原発に関する報道を隠しても暴くでしょうし、
「エコで快適なオリンピック」を実現&アピールするためにも、
原発に変わるエネルギーの開発は進んで行くと思います。

そして、この7年の間、少なくとも市民の気分は五輪に向けて
自然と高揚していくでしょう。景気も盛り上がっていくでしょう。
そのお金が、復興に有効的に使われるようになる他、
エネルギー開発費、都市のバリアフリー化に注がれれば、
五輪以外の目的でも、世界中の人が出張が留学、旅行で
日本に来てくれるようになると思います。

インフラが整いつつある被災地は、サッカーの予選会場や
外国選手の最終調整場として、足を運んでもらう。
見に来てもらう場所になれば政府も動き、
来てくれた人達も、その様子を自国に伝えてくれるでしょう。

是非、海外メディアが質問を投げ続けた原発問題・
放射性汚染水問題・被災地の復興も含め、五輪を通じて
今よりもっと良い街になるように加速していければと思います。

baseball tennis soccer basketball sports baseball tennis soccer basketball sports fuji

最後に。この7年間、
たぶん日本は景気・気分共に盛り上がっていくと思いますが、
その上で、もう1点今から考えておかなければならないことが。

7年後の五輪が終わった後のことですね
団塊世代は既に引退していて労働人口は減少。
五輪が終わって経済を刺激するものがなくなった時、
その反動で景気が下落しなければと思うのです。
ギリシャはアテネ五輪後に破たんしています。

やみくもに「アベノミクス」だ「五輪だ」と突き進まず、
バランスの取れた盛り上がりができるようにと願うばかりです。

私は…もっと中国語を勉強して、英語も話せるようにして、
外国の人達を「お・も・て・な・し」出来るようにと思います。
※仕事でも、関わりたいですね…。

31  12

(左:2013年9月、渋谷駅地下鉄の連絡通路。認知を広げるのに活躍?)
(右:涙をのんだ前回招致活動の手ぬぐい。今年はこれで涙を拭かなくて済んだ)。


【関連記事】2016年五輪開催地がリオデジャネイロに決まった理由
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/10/post-980c.html

うわ…一昔前の記事に感じる。
あれから4年、新興国は軒並み経済不況のただ中。

ブラジルも今、リアル安・物価上昇に加え、
会場建設資金に賄賂が発生しているなどで反政府デモが起き、
2014年のワールドカップ・2016年のオリンピックさえも、
世界から不安視されているとか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2020年オリンピック・パラリンピック開催地決定を前に、徒然と…(2013年9月6日)

2008年に、北京で世界中の歓声とホスト国の活気と国家の気迫を感じ、
2009年に、デンマークで苦汁をなめた招致の人達の話に悔しさを感じた…

リベンジをかけた今回の、
「今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ」
というキャッチコピーに、かなり共鳴を受けた次第です。

震災以降、どうも反発をいただくことが多いスポーツの話題。
それでも私は曲げません。
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催には賛成です
震災後の今、本当にやってみる価値はあると思いますよ。

私が何を言おうと、何が起きようとも、
ついに週末、2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が決まります。

震災後の日本を世界の人に見てもらう
震災直後、ある人から教えていただいた、パラリンピック選手の佐藤真海さん

実家のある気仙沼のために、震災後から色々頑張っていらっしゃいました。
その彼女が今回、五輪招致の最終プレゼンテーターとしてブエノスアイレスに。
「私にしかできないプレゼンをする」と今日のテレビでコメントしていました。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130823/oth13082320290008-n1.htm

今日、あちこちのメディアがクローズアップしたのは「福島の汚染水問題」。
それはそれで大事だし、7年後までも取り組んでいってもらいたい話ですが、
この期に及んで、そこを一斉に取り上げる必要もないでしょ。

こうした部分ばかりを報じて、
ただでさえネガティブになりやすい日本国民の士気をここで落とすよりも、
「五輪を通じて世界中の人達に見てもらい、震災復興にもつながって欲しい」
と前向きに頑張る人を応援したいと思います

baseball tennis soccer basketball sports baseball tennis soccer basketball sports

今回、候補地として立候補しているのは日本・東京の他に、
トルコのイスタンブールとスペインのマドリード

トルコは政情不安、スペインは経済不安を抱え、日本は放射能不安(2013年現在)。
おそらく、ブエノスアイレスでは3カ国とも厳しい質問を受けていることでしょう。

どこも、
「それを乗り越えて、7年後に奮起する。だから、我が地で開催したい」
そんな意を決して、立候補しているのだと思います。
そういう意味で評価は五分だと私は思います。
勝つとしたら「開催へ向けた国家や国民の意志の強さ」ではないでしょうか。
私が投票する人間だったら、そこを評価基準に入れると思います。

冷静に「18年の冬季が韓国で、20年もアジアというのはありえない」
と見る人もいますが、欧州は既に夏冬並んで開催した経験もあるし、
欧州中心の五輪の利権と注目を、少しでもアジアに持ってくることができるか、
日本はそんな意味で、世界から試されている気もします。

baseball tennis soccer basketball sports baseball tennis soccer basketball sports

2009年、2016年の五輪がリオデジャネイロに決まった瞬間。
どことなく感じた虚無感…今度は味わいたくないけど、
冷静に行方を見守るしかないですね。

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/10/post-980c.html

ブラジルは今、リアル安にインフラ問題、物価高などで
暴動が起きているという報道もあるけれど(2013年夏現在)
2014年のワールドカップ・2016年の五輪、会場の建設や
ホスト国としてのインフラ・治安問題などは…?
こちらも、冷静に行方を見守るしかないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京再訪(雑記)その2―3年後の「鳥の巣」(2011年8月8日)

Img_64971

3年後の8月8日ということで…「鳥の巣」に。
今更になって、鳥の巣の最寄駅という「奥体中心」駅が出来ていました…

Img_64901

駅を降りると、可愛いネズミの着ぐるみがお出迎え。
どっかで見たことがあるような気がするけど…気のせいかな。

Img_64321

五輪の時に活躍したボランティアさんは未だに健在でしたが、
今度は鳥の巣でプレイをする選手になっておられました。

Img_64441

屋根にくっついていた聖火台が地上に移されていました。

Img_64641

川の方から鳥の巣を見ると、蓮の花が綺麗でした。
この3年間で、蓮はぐんぐん成長していました。

Img_64161

逆に、その3年間で、建物の端っこは徐々にくすんできていました。
この五輪タワー、エレベーターは動いていたけど上れるのかな…

Img_64111

でも、「昔ながらの北京」も敷地内にはありました。
こちら、一つ北側の「オリンピック公園」駅前。

Img_64181

腹出しルックも、昔から老若男の当たり前のファッション。
3歳くらいの子どもも既にこの格好で歩いていました…

Img_65181

この日の夜、1年前に引き上げた時残してきた荷物を置かせて
貰っていたフリーペーパー記者の友人宅へ。
「書類の他に、何を預けていたっけ…」と思いながら書類袋を確認すると、
2008年8月8日の北京五輪開幕の新聞等、過去の新聞雑誌一式が!!

ちょうど3年後にこれを引き取ったのも、何かの縁ですね。
でも、2009年10月1日の国慶節の中国系新聞は、処分とさせていただきました…

なんだかんだ言って、3年の時の流れは感じざるを得ない、
鳥の巣再訪でした。

Img_63811

変わりつつある場所もある北京ですが、
この日の朝、寄り道した天安門は何も変わっていませんでした。

1000年の歴史を持つような建物は、たった1年やそこらじゃ変わりませんね。

・・・

今回の北京再訪、1年前に置いてきた荷物の引き取りが目的だったので、
毎日昼も夜も午後もアポイントで埋め尽くし、
ほとんど観光出来なかったのが、ちぃと残念でした。

と会った人達に言うと、気持ちいいくらい全員が全員に、
「もう、観光する必要ないじゃん!」と突っ込まれました(汗)

で、そのうち半分くらいから
「観光ったってあんた、今更どこ行きたいの?」と更に突っ込まれ、
真っ先に 「万里の長城」というとそれこそ…

「たった1年で、5000年分の歴史が変わるはずもない程
あんなに変わらない観光地行ってどうするのさ!!」

と、突っ込みが倍増しました(大汗)

(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京五輪の「金メダル記念植樹」に開花宣言 2010年"5月"

本当の本当に、すべてが1ヶ月遅れの北京の春。

Img_7735_2

4月30日、ついにポプラや柳の木から
綿毛がぶわーーーっと飛び出しました

Img_7768

よほど溜めていたのでしょうか。
ものすごい勢いです。

桜の開花も4月中旬以降、梅や桃やレンギョウや
カイドウや木蓮
なども、すべて含めて今が見ごろです。

そんな中、気になっていたものがあったので長富宮飯店へ。

Img_7952

中庭の庭園を抜けて行ったところに・・・

ありました。

皆さん、覚えていらっしゃるでしょうか・・・

2008年8月、世界中が沸いた北京オリンピックで、
金メダルを獲得した日本人選手が植樹した桜の木を。

それが、今年も開花したのです。

Img_7930

あらら、もう終わりに近かったですね・・

Img_7947

去年の写真と比べると、
だいぶ花は増えてきたのではないかと思います。

P1050483

去年と今年で違うのは、
2016年オリンピックの開催地がリオデジャネイロに
決まったということだけです。

去年の日記(2009年4月17日)
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/04/post-d6ca.html


mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年五輪開催地がリオデジャネイロに決まった理由

10月2日。

中国は、昨年開催されたお祭りなど忘れたかのように、
国慶節60周年のお祭り一色に染まっている頃、
日本の皆さんはデンマークのコペンハーゲンに注目していた。

ここで、2016年のオリンピック開催地が決定した

G9

投票は、3回目の最終決戦までもつれ込んだ結果、
「南米初」に期待を寄せたブラジル・リオデジャネイロに決定。

東京は、残念ながら2回目の投票で敗退した。

昨年、北京オリンピックの時に味わったあの高揚感と、
五輪招致活動で北京を訪れたり駐在で頑張っていた
たくさんの日本の招致委員会メンバーの皆さんを思い出すと、
私自身も、東京が選ばれなかったことに悔しさを感じる。

いや、絶対今の不景気、気持ちだけでも高める何かが
日本には必要だったのだ。

だけど事実は事実。ましてや日本が今回落選した理由は、
「東京都民の支持率の低さ」が原因と言われている。
肝心の地元民が期待しなければ外国も見てくれない。

そして今回の世界のあらゆるうねりを見ていると、
リオデジャネイロに開催が決まったことには合点がいく。

これは私の主観ではあるが、リオに決まった背景を分析してみる。


1.先進国の消沈ぶりと発展途上国への期待

今回、最初の投票で真っ先にアメリカ合衆国のシカゴが落選し、
続いて、日本の東京が敗北した。

先進国は、昨年のリーマン・ショック以降全般的に
意気消沈し、ロンドンは2012年のオリンピックすら
開催を危ぶむ声さえ出た。

こういう時に、真っ先にアメリカ・日本が落選したことは、
世界もやはり、先進国に対して期待していない、
将来を懐疑的に見ていることを示した表れではないかと捉える。

ロンドンと同じヨーロッパだから、と諦め顔だった
スペインのマドリードが善戦したこと、そして4カ国で
最も発展途上にあるブラジルが決定したことは、
今の世界が何に期待しているかを端的に表したと思う。

経済の盛り上がりは、国民の勢いもつける。
ブラジル国民が、開催招致に盛り上がった気持ちもわかる。

2.北京オリンピックの評価

ブラジルは「BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)」
といわれ、中国と並んで経済新興国に入っている。

昨年、中国北京は様々な問題が指摘されたものの、
まかりなりにも無事ホストを務め上げた。
で、これに対して中国は堂々とした自信を持って、
「発展途上国(敢えて言う)もやればできるんだ」
ということを、世界にアピールしまくっていた、と思う。

それは決してブラジルのためではなかったと思うけど・・・
結果として、世界が2008年の記憶を鮮明に残しているうちに
行われた今回の投票は、ブラジル有利に動かしたのではないか。

中国に民主主義や選挙という言葉は遠いけれど、
「投票」という数字が、なんだか北京オリンピック自身を
評価したように感じた。いや、新興国が開催することも
できるんだということを、世界が認めたことになるのだろう。

・・・

ともあれ、ブラジルで懸念されるのは「治安」といわれるが、
北京と同様、貧しさ故の治安の悪さは、開催自体を危機に
晒すことはあまりない。

2010年にワールドカップが開催される南アフリカの方が
よほど治安が悪いと言われているし、2014年には
ブラジル自身がワールドカップのホストを務める。

この2回の大会を経て、発展途上国は治安問題を解決する
ノウハウを身につけ、準備を整えてくることは間違いない。

大いに期待したいと思う。

・・・というか、

リオデジャネイロに行きたい(本音)

ブラジルは、ポルトガル語。

ポルトガル語は、将来、私が行きたいと思っている
サントメ・プリンシペの公用語でもある。←どこだよ?


【関連記事】2020年五輪 開催都市は東京に!これからの“7年間”と、更なる未来へhttp://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2013/09/20207-d2e0.html

この記事を書いた4年後の私の追記。

うわ…一昔前の記事に感じる。
あれから4年、新興国は軒並み経済不況のただ中。

ブラジルも今、リアル安・物価上昇に加え、
会場建設資金に賄賂が発生しているなどで反政府デモが起き、
2014年のワールドカップ・2016年のオリンピックさえも、
世界から不安視されているとか…開催できるのかな?

bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

北京五輪1周年記念!? 「北京大閙天空者会(北京大騒ぎ会)」開催

北京五輪開会式からちょうど1周年にあたる8月8日。
私は、日本から急に頼まれた仕事で午後はバタバタ。

日本の人はすっかりお忘れかもしれませんが、
北京の人は、毎年この日になると思い出すでしょう。来年も、再来年も・・

そしてこの日、数々の1周年を祝うイベントが開催されました。
五輪のメイン会場となった鳥の巣では、
イタリアのサッカー王者決定戦「イタリア・スーパーカップ」
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/08/188-9d4c.html

その傍らでは、大勢の人が同時に太極拳を行う集団太極拳
ギネス世界記録への挑戦。途中雨が降る中、計3万3996人が6分間の
演技を終え、2004年に記録した中国・洛陽市の計3万648人を塗り替えました。

こういうのも、ギネスになるんですね・・。

だったら、こちらもギネスに登録したくなるんでないかい?
というようなイベントを同じく8月8日、北京市のとある住宅で開催しました。

Img_4191

バタバタと仕事を片付けて駆けつけたのは、五輪1周年のこの日を祝う
ホームパーティー、「北京大閙天空者会」
会場は、北京のお兄さん的存在、ひろちゃいな邸です。
この会、日本語にすればいわゆるひとつの単なる「北京大騒ぎ者会」ですが、
この日集まったのは、前回6月28日に開催された9人を上回る合計12人!
このメンバーで、飲んで、食べて、喋って、8時間半飛ばしました!

「大騒ぎ会」と言っても、ただの人が騒いでいるわけではありません。
研究所所長&総経理を筆頭に、翻訳家、ライター、教育者などなど・・・
それなりの舞台で一線を行く人たちが騒いでいるのです!
(それ、結局はどういうことなのでしょうか・・)

P1230685

で、最近定番になりつつあるのが、手作り料理の持込み&その場で調理
できあがって料理が運ばれると、その瞬間肉食系女子がお皿を攻撃!

P1230721

瞬く間に・・・空っぽ。作っては、食べ、作っては、食べ、で、
私の作った「ちらし寿司」も、写真を撮る前に消えていってしまいました。

そして、やはり1周年の余韻を味わおうと、
しゃおりんさんがバックから取り出したのは・・・五輪開会式のDVD

P1230697

勇ましく、ビリビリーーっ!とパッケージを開けるしゃおりんさん。
今、開けるあたり、この日のために取っておいたもの!?
2枚セットで合計4時間ですが、当時を懐かしむべくみんなで笑って鑑賞しました。

Img_4237

足跡花火、口パク少女、書道バレエに人海戦術のグラフィック、
福田首相夫妻、空飛ぶリーニン
・・・懐かしいですね。

そして入場行進。ギリシャと中国以外の登場順をおさらいすると、
国名を中国語にした時の、最初の漢字の画数の少ない順からです。

P1230725

「日本」の場合、「日」が4画なので割と早めに出てきました。
イスラエルの次だったのですが・・・アルファベット順でもそうだったような。

では、ここでクイズです。
一番最初に出てきたのは、第1回開催国のギリシャですが、
その次に出てきた、画数で言う1番目の国はどこでしょう?
(ヒント:1番目の漢字の画数は、2画です。 正解は、最後)

そしてこの入場行進シーン、延々と、2時間以上続きまして・・

Img_4239

やはり、ここで私は一旦休止に入りました。
みんなが騒いで、笑って、バンザイとかしている傍らで、いかにも
「寝てくださいね~」的な肌触りいいタオルケットを見つけてしまったのが運のつき。

だって、終わってみると、空けたワインがこんな山になってるんですよ・・・
いつの間に、こんなに飲んだのでしょう。

P1230740

これこそ、これまでの「北京大閙天空者会」における
空けたワイン本数のギネス更新と相成ったのではないでしょうか?

目が覚めた後で、12時半から在北京日本人におなじみの
「QsCAFE」のケーキ争奪じゃんけん大会。
ケーキと珈琲一つにかけても、白熱した戦いが繰り広げられました。

この1年、北京は本当に色々な意味で変わりました。
振り返ると、この激変を誰が想像できたのだろう?というくらい・・

それでも、ここに集まったメンバーは、
懲りずにまた、この空間を楽しみに来るのでしょうか。

Img_4257


正解の答え:ギニア(中国語で几内亜)でした。

http://shopping.jchere.com/detail-id-357378.htm
さすがに、日本語じゃ開幕式のDVDは扱っていないようですね・・・


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

オリンピックから1年・・・8月8日は鳥の巣でサッカー「イタリア・スーパーカップ」開催!

街全体が「お祭り会場」であるかのごとく、
異空間を味わった「北京オリンピック」から早一年。

あれから、鳥の巣では公式的なスポーツ大会が行われておらず、
会場は、入場料を払って見物客を集める「観光地」としての機能だけを
果たしていたのですが、サッカー王国・イタリアがその沈黙を破ります!

22800t

“鳥の巣”、伊スーパーカップで座席命名権を設定-北京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090716-00000161-scn-cn

北京オリンピック開幕から1周年を迎える8月8日、五輪メーン会場の
北京国家体育場「鳥の巣」で、タリア・スーパーカップ
「インテルナツィオナーレ・ミラノ対SSラツィオ」戦が開催される。

北京オリンピックの時には、まだ北京へ来ていなかった日本人友人のYさんは、
「初めて鳥の巣の中に入れる!」と、中国人の友人とチケットを購入。
改めて、北京オリンピックの感動を味わいに行くと張り切っています。

毎年維持費だけでも相当かさんでいる、鳥の巣。
北京市政府も、今後の運営方法について苦慮しているようです。
先日、撮影で訪れた時にふと近くで見ると、外壁の網という網に土埃がかぶっていました。

まともに清掃していたら、大変ですものね。

5月1日には、ジャッキー・チェンがコンサート会場として利用してきたけど、
やはり「国家体育場」と言う以上はスポーツイベントを増やしてほしいですね。

鳥の巣が建つオリンピック公園では、
6月20日にこういうイベントも行われたようですが。

「鳥の巣」に卓球台1000台、80万人が汗流す-北京
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0620&f=national_0620_027.shtml

卓球というあたりが、中国らしいですね。

何はともあれ、イタリア・スーパーカップサッカー。
チケットは現在値段が上がっているようですが、
まだ観にいく可能性はあるかもしれません。

【票務通】
http://www.piaowutong.com/web/ticket/ticket_4620.htm

P1220925

今年6月の「鳥の巣」スタンド内。
聖火台が、今は倒れています・・・

思えば、去年の今頃は、街中も彩り鮮やかで、
本当にお祭りでしたね・・・

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/08/post_a978.html

あの頃の風景が、懐かしいな・・・

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【お知らせ】パラリンピック報道写真展開催in朝日新聞本社

パラリンピックの感動をもう一度―

Img_1336
(案内葉書です)

東京オリンピック・パラリンピック招致に関した
IOCの視察団さんは帰られてしまいましたが、

今日、4月22日からゴールデンウィーク期間まで、
『パラフォト』カメラマンメンバーにより、
朝日新聞社ギャラリーにて報道写真展を開催いたします。

【開催概要】
パラリンピック報道写真展「Another Story 情熱の裏舞台」
会期 2009年4月22日(水)~5月5日(火) 無休
開館時間 10:30~18:00まで(最終日は15:00まで)
開催場所 朝日新聞社東京本社 2F(最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅)

会場までのアクセスについては下記URLをご参照ください。
会場地図 : http://www.asahi.com/shimbun/honsya/j/access-tokyo_pop.html

写真を出展するカメラマンの一人・安田菜津紀さんのサイトが詳しいです。
http://ameblo.jp/nyasuda0330/entry-10244099177.html

ちなみに、前回訪問したコニカミノルタの写真展についてはここ↓
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/04/post-f2f4.html


『パラフォト』とは、
パラリンピックをはじめとする障害者スポーツを市民の目で
伝えるNPO『国際障害者スポーツ写真連絡協議会』です。
http://www.paraphoto.org/

当時の話は2008年9月のエントリーに続けて記載しています。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/09/index.html


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧