“積極的平和”を考える~「平和学の父」ヨハン・ガルトゥング博士来日

Garu

8月19日。平和学の第一人者で「平和学の父」と呼ばれる
ノルウェーのガルトゥング博士(84)が来日。
同じ80代の田原総一朗さんとの対談、面白かったです。

博士は平和を戦争のない状態と捉える「消極的平和」に加えて、
貧困・抑圧・差別など構造的暴力がない「積極的平和」
を提起。
今の政府が言う「積極的平和主義」とは全然違うと展開しました。

博士の、平和を構築するための提案は3つ。
1)東アジア共同体を作ること
2)攻撃ではなく「専守防衛」に徹すること
3)憲法9条を世界に広めること。

特に1)は興味深かったです。
内容は中国・台湾・北朝鮮・韓国・極東ロシアと日本で
「東アジア共同体」を設立するもの、中心都市は沖縄。
尖閣や竹島、北方領土は共同の領土とするとしたもの。
この話は先日、中国・南京でも発言して、
喝采・スタンティングオベーションを受けたといいます。

そこへ田原さんが反論。
「東アジア共同体は懐疑的、中国や北朝鮮などは体制が違う。
それを知った上で対話は大事だが、共同体までは難しい」。
(田原さんは対談を盛り上げるのが上手だな~としみじみ)。
博士は「市民レベルでは既に共同が成立している」
「“完全な悪”の国はない」と前向きに回答されていました。

博士は他にも、
「未来に前向きに、想像力をもって北朝鮮とも国交回復すれば、
 アメリカに気兼ねすることなく仲良くできる」
 →アメリカへの懸念は、何度も口にしていました。
「民主主義はどの国の中にもある、
 どれも同じ形をしている訳ではない」
 →時にアメリカのCEO方が民主主義じゃない、とも。

外交と対話で平和な世界を構築するよう、何度も訴えました。
その上で、日本の俗に言う「平和運動」について、
「『安保反対、戦争反対』と繰り返すばかりでは進展しない。
 クリエイティブな思考で平和を作る方法を考えるべき」
という指摘も…おっしゃるとおりです。

21日は横浜で学生たちとワークショップも行うイベントを。
その後、沖縄でも講演を行われるとか。
84歳の博士。
すごくお元気でしたが体をご自愛し日本を楽しんでください。

【主催・国際平和映画祭のサイト】
http://www.ufpff.com/archives/3215

【東京新聞では一面でした】
ガルトゥング博士が来日 60年代に「積極的平和」提唱

| | Comments (0)

“「プラ子旅する。」応援企画第7弾 プラっとさんぽ”に行ってきました in 秋川渓谷

2012年10月14日。
秋の空気を感じる東京の一日。

東京の郊外にある「秋川渓谷」”お散歩”に行ってきました。

この会の目的は…寄付。

アフリカ・モザンビークで現地の女性・子供の自立支援を行う
「プラ子ちゃん」こと栗山さやかさんを応援支援する「プラッとさんぽ」。

中国時代からのお姉さん的存在?よーこさんの呼びかけで
数年前から始まっていたのですが、北京に住んでいたり仕事などで
都合が合わず、今回が初めての参加でした。

みんなで集まって、楽しく散歩しながら参加費を彼女への寄付に、
という独特なアイディア。参加者も楽しめました。
でもこれは…もはや散歩の域を超えて冒険!?という旅になりました。

Dscf80731

JR武蔵五日市駅からスタート。
しばらく歩くと、こんな高台から街を一望できます。
上り坂が急だったので、この時点で結構ヘロヘロでした。

Dscf80761

それでも更に山を登っていきます…
駅を出て2時間かけて、目的地の鍾乳洞へ到着。
本当の目的はこの先の大滝だったのだけど、時間の都合で断念。

で・・・

Dscf81051

Dscf81021

鍾乳洞の中は狭い暗い怖い岩の穴!でも立派な鍾乳洞です。
自分としては、前の日にも富士山五胡の西湖で
同じような鍾乳洞をくぐって来たからイメージできたけど、
ほとんどの人はキラキラひかる「青の洞窟」をイメージしていたらしく、
がっかりだったご様子…。ヘルメット、あって良かったです。

洞くつ探検?が終わると、小型バスに我々30名と
他の観光客がどんどん乗ってきて、ギュウギュウ詰め。

「いや~北京のバスを思い出すな~」と一人懐かしんでいたのですが、
日本でずっと暮らしている皆さんにとってはかなり辛かったと思います。

Dscf81301

最後に、そんな皆の疲れを、駅の近くでとった夕飯が癒してくれました。
寿庵忠左衛門 http://tabelog.com/tokyo/A1330/A133001/13016375/
これがなければ、当日のうちに疲れを取ることはできなかったかも・・・でした。

電車で自宅から2時間かけ、2時間歩き、また2時間かけて帰る
ハードなお散歩だったけど、楽しかったです。
散歩の距離も16キロ!?とくれば、立派なものです?

さらなる詳細は、よーこさんのブログで。爆笑、です。
http://blog.sakanoue.com/archives/51745465.html

また、タイミングが合えば参加したいと思います。
でも人気があって抽選で当たらないと参加できないほどなので、
次回参加できるのは、いつになることやら・・・。

プラ子ちゃん(栗山さやかさん)と、よーこさん(坂之上洋子さん)の著書をご紹介。

  


| | Comments (0) | TrackBack (0)

カンボジアの子どもを救いたい…かものはしプロジェクト&安田菜津紀さんがトークショー

Hi3g00261

『いくつもの壁にぶつかりながら~カンボジアの人身売買問題に挑む~』

をテーマに、カンボジアで性産業に売られてしまう子どもを減らす活動を
行い続ける日本のNPO「かものはしプロジェクト」の代表・村田早耶香さんと、
カンボジアをはじめ、世界中の子どもたちの笑顔を写真で伝え続ける
フォトジャーナリスト・安田菜津紀さんが、表参道のカフェ「C's fort」
トークショーを行いました。

会場を訪れた40人以上の人は、1時間半ほどの間、
20代の彼女たちが続ける現地での活動や、そこからにじみ出る数々の
エピソード、子どもたちの現状、悩みや葛藤、決意にも近い心意気に
すっかり引き込まれた様子。終了後も、2人の前に行列ができました。

かものはしプロジェクトの村田さんが、カンボジアで売られる子どもたちを
救いたいと考えるようになったのは、19歳の時。
大学の先生から聞いた、こうした子どもたちの話がきっかけとなり渡航、
そこで出会った6歳の少女が、実際に売春宿へ売られていた現状を知り、
以来10年間、この活動を続けてきました。

フォトジャーナリストの安田さんは、17歳の時に、日本と世界の子どもをつなぐ
NPO「国境なき子どもたち」の学生レポーターに選ばれカンボジアを訪れ、
そこで、実際に売られた経験からトラウマが残る子どもに出会ったことが、
「この子どもたちに出会ったことを、何かの形で伝えたい」という思いにつながり、
以来7年間、写真で子どもたちを伝え続けてきました。

このトークショーで、私が特に心に残ったキーワードは、
「続ける」「寄り添う」そして「伝える」ことへの意識、でした。

彼女たちは、まだ20代。なのに、この活動を長い間続けてきました。
「どう頑張っても変えられない現状、自分の無力さに辞めようと思ったこともある」
と正直に村田さん。こうした壁に何度もぶつかりながら、それでも辞めずに
続けたことを彼女は、「最初に見た6歳の少女を救いたい一心かもしれません」

それに安田さんも同調するように、
「私も、目の前で苦しんでいる子どもがいる時に、
『なんで自分は医者でもNPOでもなく、写真を撮るのだろう』と思います。
でも、最初に出会った子たちが忘れられないから、伝え続けてきました」

二人の中にある葛藤、そして克服し続けてきた一途な決意。
それがにじみ出ているのは、安田さんが写す子どもたちの写真。
貧困の中にありながら、笑顔の子どもたちが多いのは、安田さんが
シャッターを切るまで時間をかけ、心を通わせるまで向き合い続けるから。

そんな安田さんについて、村田さんは自身の活動と含めて一言。
「人には役割分担があると思う。NPOが支援を行う活動をするならば、
安田さんはそれを伝えてくれるという役割を果たしてくれている。
伝えないと何も始まらないですから、伝えてくれることに感謝しています」

そうなんですよね。みんながそれぞれの役割でひとつの活動に携わる、
それによって、目的が達成する。みんな集まって一つのチームですね。
各自の分野で力を合わせ、「カンボジアの子どもを救う」という目的に
向かって動き続ける2人に、共感と脱帽の思いでした。

でも、村田さんの活動そのものも、「伝える」ための手段のひとつですね。
彼女たちが実際に現地へ行き、現地の子どもたちに触れてくる。
そして、体験したことを日本へ持ち帰り、日本の人に伝えることが、
最終的には現地の子どもを救うことに繋がります。

こうしたトークショーひとつにおいても、
日本の人が、日本と縁が薄いカンボジアという国で起きていることを
みんなに知ってもらう意味でも、大きな意義があると思いました。

・・・

これは、東日本大震災の被災地にも似たものがあります。
お二人も、震災後からボランティアで被災地を訪れていて、
その体験談もお話してくださったので、追記すると・・・

被災者の方々が、「時間と共に、問題はそこに残っているのに
忘れられていくのではないか」という気持ちを抱き、
問題だけが被災地に残されていくことに虚無感を覚え始める中、
それでも定期的に足を運び、現地の人の気持ちに寄り添う。

この行為が、どれだけ現地の方々の心を楽にしていることでしょう。
「伝える」という行為は、ただ冷たいカメラを向けて無機質な質問を
投げることではなく、相手の心に寄り添い続けること
と、
二人のトークを通じて改めて実感しました。

私も、できるだけ自分の思いや選んだ道を信じ続けて、
いろんな立場で困っている人や解決に向けて努力する人を
伝え続けて行けるように、日々考えていきたいですね。

お二人と、コーディネートを務められたヤハギクニヒコさん、
ありがとうございました。

安田さんの新著です。


アジア×カメラ―「正解」のない旅へ

■ 安田菜津紀オフィシャルサイト  http://www.yasudanatsuki.com/
   2008年、TBS『情熱大陸』にも出演されたことがあります。
   
■ かものはしプロジェクトサイト   http://www.kamonohashi-project.net/

ちなみに会場は、おしゃれな表参道のデリカフェ「C's fort」
雑穀米に健康によいお惣菜を3種類合わせても、都内で嬉しい500円(夜)
講演後、おいしくいただきました♪

■ お店紹介 「C's fort」
住所: 東京都港区北青山3-9-2 AQUA1F (表参道駅より徒歩5分)
電話: 03-6427-4600
サイト: http://csfort.fumotoya.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHKニューデリー支局長、ビザ更新拒否で帰国!?(ニュースより)

インドがNHKの報道に「No」を突き付けました。

「NHK支局長のビザ更新拒否 インド政府が報道批判」
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100708/asi1007082259004-n1.htm

この記事は産経新聞。
中国では、以前ビザ更新を躊躇された産経記者さんが
おりましたが、民主主義のインドが明らかに「拒否」とは、
どういうことが起きていたのでしょうか。

私も、09年にインドへ行った時、地下鉄の写真を撮影後
駅員に「撮るな」と言われたことがあります。
koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/01/11-8e85.html

あとで聞いたら、地下鉄はじめインドの乗り物は
軍事機密ものなので撮影してはいけないとのことですが、
一般インド人にさりげに「撮ってもいいか?」と聞くと、
「ノー・プロブレム」との回答。え、それはインド人の口癖?

そもそも、インドの地下鉄は日本のODAも入ってるし。

ともあれ、
目に見えない何かが、今のインドを覆っている予感。

インド政府の逆鱗に触れたNHKの報道とは何か?
が、気になるところです。


mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだかイライラする

時は遡って私が生まれる前のこと。

1978年、アフガニスタンに出来た共産主義政権を支持する為、
翌年の1979年、ソビエト連邦がアフガン侵攻を行った。

ソビエト連邦のアフガン侵攻は1989年に撤退で終結。
しかし、アフガンに残った傷跡は大きく、
派の違うイスラム同士が内戦に次ぐ内戦を繰り返すようになり、
ただでさえ乾燥した大地はますます干からびていった。

そんな大地に緑と食糧をもたらしに行った日本の青年が、殺された。

【アフガン拉致:男性遺体は伊藤さん 外務省が確認】

http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20080828k0000m040107000c.html

青年は、農業支援で乾いた大地に食糧を作る技術を提供し、
そこに生きる子供達の未来を救いに行った。

私は03年に、アフガンで食べ物も着る物もなく、
物欲で溢れた子供達にたくさんのマフラーを編んで
持っていった青年の話を聞いたことがある。

子供達は、みんなで分け合うはずのマフラーを
一瞬の隙から我先にと奪い、走り去っていった。
その青年はじめ、スタッフは皆ショックを受けたという。

こんな戦争が起こって、真っ先に犠牲になるのは、
戦争に歯向かえない子供たち。

そして、戦争から人を救おうとする人たち。

五輪絡みで、8月8日のグルジア侵攻をかいつまんだ影響か、
今回の事件は、1979年のソ連によるアフガン侵攻から
尾を引いているように見えてならない。

まったく、いつになったら世界から戦争はなくなるのだろうか。

なんだかイライラする。

てか、このニュースを検索し始めてから
やたら重くなったりブラウザが中断させられる。

中国のインターネットにもイライラしてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソ連って奴は・・・いや、今はロシアとグルジアか

日本では広島・長崎が核廃絶を唄い、
中国ではオリンピックが開催されている8月。

なんでこの期に及んで、
ロシアとグルジアは戦争をしなきゃいけないんだろう。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080809-OYT1T00576.htm

・・・

旧ソビエト連邦の首都・モスクワで
オリンピックが開催されたのは1980年。
私は物心が付いているかどうかの頃である。

大会の様子はおろか、日本人のだれそれが
どう活躍したのかということすら記憶にない。

え?記憶にないのではなく「出ていない」?

失礼しました。

・・・

という訳で、日本を含む"西側諸国"が参加を
ボイコットしたモスクワオリンピック。

理由は、その前年にソ連がアフガニスタンへ
侵攻したことによるホスト国としての責任追求。
"平和の祭典"として不相応な行為を、
ホスト国自ら行ったソ連への戒めだった。

よりによって、次の年に大役を果たす、
ということの意義を、かつて東のドンだった
この国はどれだけ理解していたのだろうか・・・

そして月日は流れて2008年8月8日。

よりによって、北京五輪が開幕式を行った日に
旧ソ連に属するロシアとグルジアが戦争開始とは・・・

更に!

2014年の冬季五輪は、ロシアの黒海沿岸都市
ソチに決まったばかりなんですよ。
招致に成功した矢先に、これかい!!って気分。

戦争をしなければならない事情があるのかも
しれないけれど、いつなんどきでも戦争は
最も世界国民が恐れ、非難するべきことである。

この国で五輪を行う素質はあるのだろうか。

・・・

北京市のある場所では今、東京都が
2016年の五輪会場として招致を進めている。

日本では、戦争なぞしないでくださいよ。

PS.
懐かしい言葉「8月ジャーナリズム」でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

SONY杯 『学生"Handycam cup"Tri-lingal DV contest』を観覧!!

P1100473

5月31日、SONYと北京市内の学生が企画・運営を担当して
『学生"Handycam cup"Tri-lingal DV contest』が開催されました。
 
会場の清華大学公共管理学院には、
日本語を学ぶ学生を中心に北京市内の学生が集まり、
それぞれが工夫を凝らしたビデオ作品16作品の発表が。
 
主催のSONY側から学生達に要求した条件は、
日本語、中国語、英語の3ヶ国語は表示してください」だけ。
その他演出、テーマ、コンセプトなどは学生達の自由としたとか。

ナレーションが中国語の場合は、日本語と英語のスーパー。

と、いうように、画面上に3カ国が出ているようにすれば、OK。
 
3カ国語を条件としたのは、
今回の作品を日本をはじめ世界の国々でも見せるためだそうです。
 
この大会の企画者でSONY(中国)・CSR環境室の福富室長は、
「映像を通じた国際交流を目的としています。
中国の学生達も、日本の学生達と同じように学んで
悩んで恋愛しているんだってことを知ってもらいたい。
映像で伝わる手作りビデオが、相互理解にもなります。
また、語学学習の教授法の一つとしてDVと言う玩具を
使う事が広がればと思います」とのこと。

  
審査のポイントとしても、技術ではなく"コンセプト"。
何を思ってこの作品を作ったのか、言いたいことは何か。
 
私も、「あ、この作品だったら日本の学生に見せたいな」
という視点で16作品を見る事にしました。
 
そんな私の中で、印象に残った作品は次の4つ。
1.北京外国語大学 「導愛」
  →希望小学校の訪問ドキュメンタリー。
   「我想上学(学校へ行きたい)」と紙に書いた子供に涙。
2.北京郵電大学 「さようなら」
  →亡くなった彼を想う恋愛ドラマ。
   脚本家がついていたの!?というほどストーリーがうまい!!
3.北京外国語大学 「輝き」
  →夢を追う青春を、素朴に描いてる。
   台詞がすべて日本語だった点、頑張りを感じた。
4.清華大学 「鏡」
  →プロ並!?の演出と映像、編集技術と笑いのセンスが良い。
   そこに「夢を諦めない」というテーマも入って構成も綺麗。
   綺麗過ぎて逆に、学生らしさを感じなくしてしまったが・・・

結果は、得点で1位を獲得したのは、清華大学の「鏡」
そして、審査委員特別賞として外国語大学の「導愛」が入賞。
 
学生達の素朴で真剣な眼差し、映像から拝見させていただきました。

審査員にいたカリスマ日本語教師の異名を取る笈川先生が
日本語を学ぶ学生に呼びかけたからか、SONYが日系企業だからか、
ビデオ作品にはナレーションを日本語にしたり、
ドラマの台詞をすべて日本語にしている作品も目立ちました。

福富さんも話すように、語学の学習方法は数あれど、
DVツールを使った日本語学習も、楽しく学べそうですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【動画】ある在日中国人の目で見た「長野・聖火リレー」

ご参考:
http://tv.people.ne.jp/download/NaganoNew.wmv

※本当は「東京視点http://tv.people.ne.jp」ですが、
いずれトップページが更新されてしまう時に備えてます。

この動画は後ほど中国語版でも掲載、
「日中両言語」で放映する予定です。

 

日本のテレビでも、中国のCCTVでもない、
在日中国人が長野まで深夜バスで行って、
現場で見た、在日中国人の「聖火リレー」。

 

同じ現場にいた人でも、日本人の視点と
中国人の視点は明らかに違うはず・・・です。

 

何に抗議する訳でもない、恣意的な意図がある訳でもない、
ただ、普通に「見たまま聞いたまま」の映像を
並べているだけの番組ですが、
「ああ、日本人とは違うな」という視点もちらほらあって新鮮。

 

あと、どっちのマスメディアでも映し出されない
(少なくとも私は見ていない)
「日本国旗を持つ中国人」や、
「中国人は出てけ」と叫ぶ怖いお兄さんの映像・・・

 

こういうのがマスでもっと流れていれば、
今の状況は少しは違っていたのではないかな?

 

皆さんの感想を聞かせてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「加油!好男児」の小松拓也さんを囲んで夕食を

ちょっと前、男性タレントのオーディション番組の
「加油!好男児」で最終20人まで残った日本人俳優、
小松拓也さんと食事をしました。

小松さんのマネージャー・李英宏さんを知る翻訳家Iさんから今回の話があり、お二人の北京出張の機会に、とお誘いいただいたのがきっかけでした。

ちょうどIさんも上海出張だったため、一緒に帰ってきたそうですが、
「空港で一緒に歩いているだけで、道行く人がさっと振り向き、サインをねだりにきた。もう彼の人気は上海ではすごい!」とか。

流行が来るのは日本よりも早い中国。

きっと、北京に彼のブームが来るのも時間の問題かも!

そんな注目の彼を取材(兼ご挨拶)に、今回集まった人たちは、日中のマスコミ15名ほど。
記者の方が多かったので、こちらもファン以上に熱い撮影大会になってしまいました・・・

P1030323

いや、ここで被写体になっていたのは、マネージャーの李さん(右奥)でした・・

李さんも、97年に「上海パフォーマンスドール」というユニットでデビューした元・アイドル。

日本留学を機に引退して、日本語はネイティブ並。

日本の芸能人を中国に、中国の芸能人を日本に紹介したい、
という夢を抱いて、今は裏方の仕事を日中両方でこなす。

小松さんも、中国とのつながりには深いお話を伺う。
18歳の時出会った事務所の勧めで中国語を勉強し、台湾へ留学&芸能活動。その後日本・中国を渡り歩き、今の彼を築いている。

二人とも、奥深い人生を送っていらっしゃる・・・

人生、何が起きるかわからないから面白い。

Iさんの紹介で集まった、中国の記者さんたちともいろいろ
お話ができたので、今日の出会いを大切にできれば嬉しいです。

P1030385_2

左が小松さん、右が李さん

並んで見ると、私、顔ちょっと太ったかな・・・やばい!

小松拓也さんのホームページ
http://miyn.info/takuya/

マネージャー李英宏さんのインタビュー記事
http://www.shwalker.com/shanghai/contents/bizwomen/200706/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恋人との再会♪

「札幌」三昧の今週です。

この日は北京市の札幌市役所事務所へ訪問。
→この時点で、半分ネタ分かった人は偉い!

事務所へ入ると、常々仲良くして頂いている
秘書事務の人(日本語ペラペラの中国人)が、

「こんにちは~、これ、どうぞ!」

と言ってくれたのは・・・

『白い恋人』

「え!?」

これ、8月に賞味期限改ざん事件が発覚して
今は販売されていない、幻の銘菓・・・
http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp/

販売復活したの!?

思わず彼女に、
「これ、今売ってないんじゃなかったっけ?」
と尋ねるとやはりここは中国の人、

「え?そうなんですか?」

どうやら、事件を知らない様子。

「・・・いつ、もらったお菓子ですか?」

おそるおそる尋ねると
えー・・・・・と考えた後で、

「半年前だったかな」

・・・

とはいえ、実はこの「白い恋人」
賞味期間は《常温保存で4ヶ月》と長いんです。
http://www.fishowl.com/hokkaido/cat6295224/

それを5ヵ月後、6ヵ月後まで大丈夫、と
賞味期限を1ヵ月後、2ヵ月後にするなど
「偽りを書いて」販売していたことが
問題なのですが・・・

冷蔵庫にでも入れておけば、我が家だって
半年くらい保存していたこともありますので、
心配だったけど、懐かしくいただきました。

夜はジム行って、運動して、未だになんともありません。

まあ、最近の食品問題は、
「『どこまで品質を保証できるか』の判断を間違えた」
とかって問題ではなく、データ改ざんなどの、
企業体質の問題が指摘されたのであって、

・・まあ、いいや。

冬を前に、せっかく白い恋人と再会したのですから、
今はその幸せを噛み締めておきます。

腐った恋じゃないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)